東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

建築材料演習 モルタルコンペ

モルタルコンペって何?
毎年建築学科の材料演習にて行われる、カスタマイズ調合モルタル強度バトルです。
材料実験室でグループに分かれてモルタルを調合・打設し、その強度を競うものです。
また、ルールとして1グループに1つだけ、スペシャルアイテムを調合に加えることが許されており、通常のモルタルとはかけ離れたものを作ることも可能です。
優勝グループは自らの手形を風格の漂うコンクリート版に永久に残すことができます。

モルタルコンペの勝者・敗者の歴史
1999年 野口助教授がモルタルコンペを開始する。
この年は研究室スタッフ VS 学生 という図式は発生していなかった。
2000年 発作的に丸山氏が参加したことによって、にわかに研究室スタッフ VS 学生 という図式が色濃くなる。しかも、丸山氏による調合が学生4グループに敗北を喫するという、おいしくない事態になり、丸山氏は責任をとって坊主頭になる。のちにこれが伝統化する。
2001年 辻大二郎氏の空気量ミスでまたもや、学生に敗北。
優勝グループ:10班
10班の有志が顔面をコンクリートプレートに残すという偉業を達成。伝説は新たに作られた・・・
2004年 辻埜真人氏大健闘!一時は優勝確実かと思われましたが、あえなくにがり入りモルタルに敗北。   …残念!
⇒⇒⇒坊主行き
2005年 中村俊也氏健闘も・・・今年もやはり1位になれなかった・・・敗因は、ずばり施工不良!!   …残念!
⇒⇒⇒坊主行き
2006年 米田・熊二人そろって玉砕。  陰に隠れて何度も練り直したのに…
2007年 TA初勝利!深尾宙彦氏、坊主を免れる。
2008年 TA連勝!韓国からの刺客、ペ・ソンチョル氏の襲来により勝利。国枝陽一郎氏、退学を回避。
2009年 TA勝利!徐々に技術向上しつつあるTA。200MPa越えで慶應BOY岩本直大氏、快勝。
2010年 TA敗北!学生が200MPa越えを出し4年ぶりに敗北
2011年 TA敗北!前田誠也氏敗北
2012年 同点決勝の末TA敗北!
2013年 TA敗北!坂本監督、痛恨の采配ミス
2014年 TA敗北!!!??まさかの、プロテイン強し。TAチーム、高圧養生が仇となった!!

ルール(2014年現在)
※ルールの詳細はCLASS INFO. のページ、もしくは演習配布資料を確認すること。

一般ルール
  1. 試験体は3本作成する。
  2. 強度試験を行う日まで所定の養生を施す。
  3. 供試体の”圧縮強度”を競う。(参考のため曲げ試験も行うが、審査には影響しない)
  4. 圧縮強度は、1 本または2本の試験体の圧縮強度の平均値を用いる。
  5. 1本目の圧縮試験の結果から、2 本目の試験を行うかどうかを選択してよいが、2 本目の 圧縮試験を希望する場合、圧縮強度は2回の試験の平均値となるので注意すること。(2回目の試験結果によっては平均値が下がることも有りうる)

使用材料ルール
使用材料は、下記より適宜選択し、適当にその混合割合(調合)をグループごとに相談の上、決定する。
水道水のみ
セメント 普通ポルトランドセメント・早強ポルトランドセメント・低熱ポルトランドセメント
混和材 フライアッシュ起源超微粉末・シリカフューム・高炉スラグ微粉末・フライアッシュ
細骨材 大井川産川砂・相馬標準砂・豊浦標準砂
混和剤 高性能AE減水剤・AE減水剤・AE剤
その他 ひとつのチームあたりひとつだけ、スペシャルアイテムを入れることができる。(なんでもいい)

養生条件
下記の中の水準から選択する。(例:封緘・60 度)
最終日のみ養生方法の変更が可能。
湿潤状態 気中養生(湿度60RH )・封緘養生・水中養生
温度 20度・60度

優勝グループ記念イベント
優勝グループはまるでハリウッドスターのごとく、何年経っても色あせない風格漂う美しいコンクリートにみずからの手形足型顔型を残すことができる。そして、それは彼らが年老いてもなお、美しく輝きつづけるだろう。
作成された記念プレートは一号館正面右側のドライエリアに並べてあります。
伝統的に、研究室スタッフが敗北した場合、そのスタッフは丸坊主にしている。


対戦者の顔ぶれ(野口研スタッフ)
1999年 優勝:学生 9
2000年 優勝:学生12班 (× 丸山一平氏(当時M2) 敗因:使用セメントに問題があり敗北。)
2001年 優勝:学生10班 (× 辻 大二郎氏( 当時M2 ) 敗因:AE減水剤の入れ間違いで敗北。)
2004年 優勝:学生 4班 (× 辻埜 真人氏( 当時M2 ) 敗因:調合はカンペキ!!(のハズ…) にがりに負けました…)
2005年 優勝:学生 1班 (× 中村俊哉氏( 当時M1 ) )
2006年 優勝:学生 9班 (× 米田信年・熊英氏( 当時M1 ) )
2007年 優勝:学生 1班 (○ 深尾宙彦氏( 当時M1 ) )
2008年 優勝:学生11班 (○ 裵晟哲氏、国枝陽一郎氏、飯田康介氏、 劉ショウ氏( 当時M1 ) )
2009年 優勝:学生 2班 (○ 岩本直大氏( 当時M1 ) )
2010年 優勝:学生 5班 (× 山岸英輝氏、西尾悠平氏( M1 ) )
2011年 優勝:学生 ?班 (× 前田誠也氏( M1 ) )
2012年 引き分け 1班 (△金谷瞳氏 呉多英氏 坂本篤氏 八重樫涼氏( M1 ) )
2013年 優勝:学生 5班 (× 監督:坂本篤氏( M2 )熊田賢人氏 中桐卓大氏 松本悠実氏( M1 ) )
2014年 優勝:学生 5班 (× 彌永宏之氏 中田清史氏 田中義起氏 三浦梨紗氏( M1 ) )

各グループの調合や結果
例年の調合や結果はこちらでストックしてありますが、学生にマジになってもらうため、過去の調合や結果などは公開しません。逆にいうとがんばって調べれば、かならずスタッフの誰かを丸坊主にできます。われわれもけっこうマジなので真剣勝負といきましょう。

このページの先頭へこのページの先頭へ