東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

卒業論文テーマに関して

野口研究室で卒業論文を書こうと考えている人へ

毎年4月のはじめに、その年の卒論テーマリストを配布します。この中から自分の研究したいテーマがあればそれを選択して下さい。仮に希望するような内容がなくても、建築材料に関連した内容であるならば、修士、博士を含めた大学院生が随時相談に応じます。基本的には自分の意志で積極的にテーマを決めることができると考えてください。
通年の予定としては、5月ごろにテーマを決定してもらい、研究会にて研究概要の発表やそれに応じた学習を各自行ってもらいます。夏休み前までには卒論の方向性をはっきりさせておいた方が良いでしょう。

質問・要望などはこちらへメールにてご連絡下さい。


主な研究テーマ

基本的には建築材料に関係していればテーマ設定は自由です。(詳細はRESEARCHESを参照してください。)
コンクリート関係 建築材料全般
1. リサイクルコンクリートに関する研究 1. 要求性能型設計手法の研究
2. コンクリートの調合設計問題 2. 表層材の研究
3. 若材齢コンクリートの研究 3. 美観劣化の定量的把握に関する研究
4. 各種混和剤・材の研究 4. 環境評価全般に関する研究
5. コンクリート構造物の耐久性に関する研究 5. 建築家の材料選定手法に関する研究

過去の卒業論文
年度 表題 学生氏名
2006 塩害劣化リスクを含めたLCCを最小化する補修計画に関する研究 林 盛
様々な拘束条件下における高強度コンクリートの自己収縮特性 木下 雄帆
転写型カラーコンクリートの施工技術に関する研究 深尾 宙彦
2005 コンクリート関連分野マテリアルフローシミュレーションのためのセメント・生コン受注先の実態調査 大美賀 剛
視覚・心理・生理 田中 宏行
界面要素の特性を考慮した断面修復工法の効果に関する解析的研究 米田 信年
2004 木質建材におけるエコマテリアルの環境性能評価 梅岡 恒治
遺伝的アルゴリスムに基づく要求性能型外装材料選定手法に関する基礎的研究 佐藤 桂火
ガラスの防火性能に関する実験的研究 三木 めぐみ
2003 外装材料汚れ予測を目的とした水滴の跳ね返り性状の把握 大場 晃平
連続繊維シート等の貼付けによる乾式剥落防止工法の性能評価に関する研究 中村 俊也
石材を中心とした外装材表面の微小形状が視覚情報の変化に及ぼす影響に関する研究 並木 陽児
2002 環境負荷を考慮したコンクリートの調合最適化に関する研究 入江 謙太
建築における「ヴァナキュラー」について 越智 玲
2001 二次元フーリエ変換による時代変化に伴う住宅様式の見えの変化の定量的評価に関する基礎的研究 呉 細解
プラスチック成型建材の実例調査による特性把握 喜多 裕
国内の事例にみる建築物改修について 松村 永宣
電気的性質を用いたコンクリート内部の非破壊鉄筋探索手法の開発 春末 智史
2000 石材調仕上塗装材と天然石材の視覚的差異に関する研究 大石 康裕
極若材齢モルタルの力学特性及びリラクセーション挙動評価手法の提案 藤本 郷史
1999 遺伝的アルゴリズムを適用したコンクリートの要求性能型の調合設計に関する研究 菊川 怜
二次元フーリエ変換による外装材の汚れの定量的評価に関する基礎的研究 北垣 亮馬
遺伝的アルゴリズムによるRC造建築物の補修計画最適化 橋本 貴行
建築材料のリサイクルに関する文献調査及び考察 磐城 克斉
1998 高流動コンクリートにおける調合設計手法に関する研究 岡田 大介
高流動コンクリートの間隙通過性におけるレオロジー的評価 長井 宏憲
耐久的建築における空間構成と外壁材料選定手法の相関~前川国男の建築作品を通じて~ 岩本 昌樹
完全リサイクルコンクリートの実用化に関する研究 松山 歩
炭素税導入によるLCC評価手法に関する一考察 佐藤 義紀
昭和初期以前のコンクリートの中性化抵抗性に関する研究 川口 珠青
1997 円柱旋回型レオメータによる高流動コンクリートの流動特性評価 森 詩麻夫
建築仕上げ材料に与えられる象徴性に関する研究 馬場 英実
若材齢におけるセメント硬化体の初期物性と水和率との関係 丸山 一平

研究室情報
Contents
研究室情報

東京大学大学院工学系研究科
建築学専攻 建築材料研究室
野口・北垣研究室

〒113-8656 東京都文京区
本郷7-3-1 工学部1号館内

電話 03-5841-6194


このページの先頭へこのページの先頭へ