東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

東京大学大学院工学系研究科 建築学専攻 建築材料研究室 野口・北垣研究室

修士・博士課程について

  大学院入試で野口研究室を受けようと考えている人へ
1. 研究活動について
修士・博士課程の研究テーマとして与えられているものは特にありません。自分でテーマを発掘し、毎回の研究会に参加しながら研究の方向をきめ細かく洗練させていくという方向が一般的です。たいていの場合、必要な備品は購入許可がおりるので資金面などは心配しなくてかまいませんが明確な計画に基づくものである必要があります。具体的には 修士1学年のはじめからテーマを設定してもらい、積極的に研究室内のプロジェクト(企業との共同プロジェクトや、研究基金をもらっている研究室主導のプロジェクト)に参加してもらい、修士2年のはじめに具体的な修士論文の方向性の研究計画を立ててもらいます。そこから、ほぼ毎週開かれる研究会にて、定期的に発表を行いながら研究をすすめていくという形になっています。
2. bmeEP(内部教育プログラム)について
2001年度10月より、修士課程・研究生は科学者・研究者として備えているべきスキルを研究室内で身に付けよう!という趣旨のもと、教育プログラム”BME EP”が開始されました。これには東京大学大学院工学系研究科の修士課程の取得必須単位群である「基礎研究I ・II」が割り当てられており、野口研ではこのBME EPをクリアしない限り修了できないことになっています。こちらも研究と同様のプライオリティをもって接してもらうことになります。

主な研究テーマ
基本的には建築材料に関係していればテーマ設定は自由です。(詳細はRESEARCHESページを参照してください。)

コンクリート関係 建築材料全般
1. リサイクルコンクリートに関する研究 1. 要求性能型設計手法の研究
2. コンクリートの調合設計問題 2. 表層材の研究
3. 若材齢コンクリートの研究 3. 美観劣化の定量的把握に関する研究
4. 各種混和剤・材の研究 4. 環境評価全般に関する研究
5. コンクリート構造物の耐久性に関する研究 5. 建築家の材料選定手法に関する研究

建築学修士・博士課程の入学試験手続きはこちらを参考にしてください。

  For Japanese Students
  For Foreign Students

質問・要望などはこちらへメールにてご連絡下さい。
  webmaster [ a t ] bme.arch.t.u-tokyo.ac.jp( [ a t ] をアットマークに変換してください)

 

研究室情報
Contents
研究室情報

東京大学大学院工学系研究科
建築学専攻 建築材料研究室
野口・北垣研究室

〒113-8656 東京都文京区
本郷7-3-1 工学部1号館内

電話 03-5841-6194


このページの先頭へこのページの先頭へ