東京大学大学院 野口研究室 (B.M.E. Lab.) English


  トップ ecoMAの背景と目的 包括的なイメージ ecoMAのシステム概要 現況調査 お問い合わせ  




ecoMAでは、より正確なシミュレーションを実現するために、各業界の協会を通じてさまざまな地域色、経営戦略をもっている工場様をご紹介いただき、 工場の製造プロセス、環境負荷、物流などについて、現場見学・ヒアリング・データ提供にご協力いただいております。

現在、ecoMAの工場データは、各種工場の実態調査から得られた環境負荷・物流に関するデータを、協同組合・協会組織などから公開されている統計値から推定される規模にあわせて重みをつける形で実装されております。この工場データの実装をより現実に即したものにするためには、できるだけ多くの実態調査を行なうことが大切です。
そこで、 さまざまな工場様にご協力をいただき、ecoMAのデータ実装に関して、実態調査を受け入れてくれるところを募集しています。
実態調査にご協力いただける企業様は、是非、下記まで連絡ください。ご協力よろしくお願いします。

  TEL : 03-5841-6202
FAX : 03-5841-6202
Mail :
ecoma-info@bme.arch.t.u-tokyo.ac.jp

データ提供・ヒアリングにご協力いただいた組合・企業様(一部掲載許可申請中)

  会社名 調査時期・協力時期
生コンクリート関係 (株)トウザキ 2006年11月
砕石関係 - -
砂利関係 - -
中間処理・再生骨材関係 増尾リサイクル(株)
(株)タケエイ
(株)共同土木
2006年09月
2006年10月
2006年10月
アスファルト合材関係 日本道路(株)・神奈川合材センター 2006年09月



本研究は環境省廃棄物処理等科学研究費補助金「コンクリート産業における環境負荷評価マテリアルフローシミュレーターの開発および最適化支援システムの構築に関する研究」の一部を利用して行われたものである

© Copyright 2007 Noguchi Lab. All rights reserved.