節分を楽しみました

2月3日は節分ということで、助教の友寄先生のご提案により材料研究室では節分のイベントを行いました。

On February 3, it was Setsubun, and the BME Laboratory held a Setsubun event at the suggestion of Tomoyose-Sensei.

節分は毎年2月の初めに行われ、豆を撒いて鬼を追い払い一年の無病息災を願う日本の行事ですが、様々な国の留学生が多い研究室メンバーには新鮮なイベントとなったと思います。

Setsubun is held in the beginning of February every year, and it is a Japanese event in which we scatter beans to repel demons and hope for a one-year free illness, but this is a fresh event for lab members with many international students from various countries.

皆で豆を食べたり、鬼の役をして豆を投げられたりして、このイベントを楽しみました。

Everyone enjoyed the event, eating beans and being thrown beans in the role of demons.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。